トップページへ
 TOP > 檜コンサートホール

檜コンサートホール

檜日記

檜休憩所

吉祥院

公園墓地

交通案内

関連リンク

お問合せ


以前のコンサート

2007年3月11日(日)P.M.3:00〜

 「檜チャリティーコンサートホール」

 ・トランペット&ピアノ
  出演:トランペット/神代修
     ピアノ/徳永洋明

料金:大人\3,000/中学生以下\1,000(全席自由)



プロフィール


神代 修(トランペット/演奏&お話し)
KUMASHIRO  OSAMU

1987年第4回日本管打楽器コンクール第1位。東京文化会館推薦オーディション合格。

1988年第57回日本音楽コンクール最高位入賞。併せて松下賞受賞。

1990年東京フィルハーモニー交響楽団入団(96年まで副首席奏者)、東京藝術大学卒業。読売新聞社、ヤマハの両新人演奏会に出演。

1992年プラハの春国際コンクール特別賞受賞。

1994日本トランペット協会常任理事就任。国際交流基金の助成により、ソリストとしてエクアドル国立交響楽団定期演奏会に出演し、キト音楽院にも講師として招かれる。

1995年安田生命クオリティオブライフ文化財団奨学生として、ウィーン国立音楽大学に留学(〜97年)。帰国後ソロ活動以外にもさまざまなジャンルで活動を始め、NHK・FMリサイタル、同名曲リサイタルに出演、ソロCD「ジェントル・ストリーム」「ヴェニスの謝肉祭」をリリースし好評を博す。

また2002〜04年まで(財)地域創造「公共ホール音楽活性化事業」登録アーティストとなってより、各地で地域に密着した演奏活動を行なう。

2004年文化庁特別派遣芸術家在外研修員として同年12月より再渡欧、E.H.タール、G.カッソーネの各氏に師事、時代楽器の奏法の修得及び資料の収集を行なう。モダンに限らずナチュラルトランペットや長管トランペットも演奏し、さらに「空白の時代」とされてきた19〜20世紀の知られざるトランペット作品を発掘、紹介してゆく活動は専門誌でも取り上げられ、海外からも注目が集まっている。 

現在、東京藝術大学管弦楽研究部、尚美学園大学、北鎌倉女子学園非常勤講師。
なぎさブラスゾリステン、ラ・トロンバの会主宰。

これまでに、津堅直弘、杉木峯夫、故中山冨士雄、アドルフ・ホラーの各氏に師事。



徳永洋明(ピアノ)

1973年京都生まれ。藤沢育ち。東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業。日本作曲家協議会会員。

1988年「湘南学園創立55周年祝典序曲」でデビュー(広上淳一指揮読売日本交響楽団)。
1996年「寺山修司の詩による4つの歌曲」で第七回奏学楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第二位を受賞。
2003年「2agosto」国際作曲コンクール(於・イタリア、ボローニャ)でクラリネット協奏曲「Clarinettissimo!」が第三位を受賞。
作品はその他、ミュージカル、室内楽曲、ピアノ曲、合唱曲、歌曲等多岐にわたり、コンクールの課題曲としての採用や内外での再演の他、全音、カワイ楽譜等から出版されている。

作曲活動と並行してアンサンブルピアニストとしても活躍し、創作、演奏両面においての既成の枠にとらわれない音楽性は、様々なジャンルの音楽家より篤い信頼を得ている。


<プログラム(予定/変更する場合があります)>

♪チャイコフスキー/『ナポリの踊り』
♪ヘンデル /『組曲より』
♪モーツァルト=カイル編/『ロマンツァ』
♪モーツァルト/
 『ピアノソナタより〜トルコ行進曲つき〜』(ピアノソロ)
♪ヴェルディ/『アダージョ』
♪ケーニッヒ/『ポスト ホルン ギャロップ』

休憩

♪ハイフェッツ/『ホラ スタカート』
♪アンダーソン/『トランペット吹きの子守歌』
♪成田為三他/『日本の唄メドレー』
♪サティ/『ジュ トゥ ウ゛』(ピアノソロ)
♪バーンスタイン/『ウェストサイドストーリーより』
♪プッチーニ/ 『トゥーランドットより〜誰も寝てはならぬ〜』




湯河原 曹洞宗 吉祥院
〒259-0312 神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1968-1 
TEL:0465-63-8923(檜チャリティーコンサートホール)
TEL:0465-62-7737(吉祥院)